正しい育毛剤の使用方法をご存知ですか?

確かな育毛剤の効果を実感するためには〈適切な使用方法〉を守ることが大切です。

育毛剤を使用する時、特に気をつけていただきたいのが
「育毛剤をつけるタイミング」です。

育毛剤は、正しいタイミング・正しい順序に使用することで、より確かな効果を
引き出すことができます。

間違った使い方をしてしまいますと、せっかくの育毛剤の効果が
軽減してしまう恐れもありますので、以下のことに注意し、
さっそく今日から実践していきましょう!

◆正しい育毛剤をつけるタイミング
重要なポイントは、ある程度頭皮頭皮のほてりを冷ましてから育毛剤をつけるということです。
頭皮がほてった状態で育毛剤を付けると、頭皮が蒸れ、雑菌が繁殖しやすくなったり、
育毛成分が蒸発してしまい、育毛剤から得られる効果が軽減してしまう恐れがあります。
育毛剤をつけるタイミングについて詳しくみていきましょう。

①タオルドライをする
ドライヤーの使用時間が長くなると、頭皮の乾燥やほてりを引き起こします。
ドライヤーの使用時間を出来限り短縮できるように
まずはタオルドライでしっかり水分を吸い取っておきましょう。
この時、髪や頭皮を痛めないようにタオルで頭を優しく押さえるように拭くのがポイントです。

②温風のドライヤーで乾かす
髪を濡れたまま放っておくと、フケが発生したり、かゆみが出る可能性があります。
ドライヤーの温風を使い、70〜80%ほど髪を乾かしましょう。
注意するポイントは、ドライヤーは最低でも20cmは離してかけることです。
そして髪の毛を手で持ち上げるように根元の方からかけていきます。
根元から乾かすことで、その余熱により毛先が自然と乾いてくるので
さらにドライヤーの時間を短縮できます。毛先はダメージを受けやすいので、
極力熱をあたえないように注意してください。

③冷風のドライヤーで乾かす
温風である程度、髪を乾かした後冷風を使いクールダウンをしましょう。
頭皮の乾燥・ほてりを抑えることができます。

育毛剤をつける
育毛剤をつける前に頭皮の状態を確認してみましょう。
髪や頭皮は熱くほてった状態ではないですか?
また、湿った状態でも育毛剤の成分を薄めてしまう恐れもありますので
使用前のチェックはきちんと行ってください。

育毛剤をつける際は、指の腹で優しくマッサージをしながら
頭皮に馴染ませてあげましょう。
強く揉み込みすぎると、髪や頭皮を痛めてしますので、力加減には十分注意してくださいね!